ランド オブ リバティ - 【次走】ランドオブリバティはM.デムーロ騎手との新コンビでスプリングSへ(gma.missjennyspickles.com)

リバティ ランド オブ 【次走】ランドオブリバティはM.デムーロ騎手との新コンビでスプリングSへ(gma.missjennyspickles.com)

JRA三浦皇成ランドオブリバティ「降板」は両陣営の思惑が一致!? MデムーロとスプリングS(G2)へ…… 弥生賞(G2)タイムトゥヘヴンと驚きの騎手スワップ

リバティ ランド オブ JRA三浦皇成「勝ち負け無視」の”試運転”に非難轟々……きさらぎ賞(G3)1番人気ランドオブリバティ3着も「先に言ってほしかった」の声

三浦皇成「まっすぐ走っていれば勝てた」 初G1狙うもまさかの結末…… ホープフルS(G1)ランドオブリバティ「大逸走」の裏事情

リバティ ランド オブ JRA「主戦失格」の烙印押された三浦皇成はランドオブリバティにとってプラスとなるのか!? スプリングS(G2)M.デムーロ「騎乗停止」で再登板も安心できない理由

リバティ ランド オブ あの時、ランドオブリバティはなぜ“逸走”した? 「西船橋に飯を食いに」が的外れではない理由

リバティ ランド オブ 【次走】ランドオブリバティはM.デムーロ騎手との新コンビでスプリングSへ(gma.missjennyspickles.com)

リバティ ランド オブ JRA三浦皇成ランドオブリバティ「降板」は両陣営の思惑が一致!? MデムーロとスプリングS(G2)へ……

リバティ ランド オブ アンカツこと安藤勝己氏が“逸走で中止”のランドオブリバティに見解「ここからの立て直しは簡単やないと思うな」【ホープフルS】(中日スポーツ)

アンカツこと安藤勝己氏が“逸走で中止”のランドオブリバティに見解「ここからの立て直しは簡単やないと思うな」【ホープフルS】(中日スポーツ)

リバティ ランド オブ 【次走】ランドオブリバティはM.デムーロ騎手との新コンビでスプリングSへ(gma.missjennyspickles.com)

リバティ ランド オブ あの時、ランドオブリバティはなぜ“逸走”した? 「西船橋に飯を食いに」が的外れではない理由

リバティ ランド オブ 【次走】ランドオブリバティはM.デムーロ騎手との新コンビでスプリングSへ(gma.missjennyspickles.com)

最終追いはおそらく想定以上に切れたし、そこからさらに切れるギアがありそうな雰囲気も感じさせた。

  • 昨年末のホープフルS(G1)。

  • しかも前走は本番と同舞台の芙蓉S(OP・中山)を楽勝と、十分にチャンスのある馬だった。

管理する鹿戸調教師「真面目に走ってくれました」と、無事ゴールしたことを評価した一方で、「もったいない競馬だった」と歯切れの悪いコメントを残した。

  • ただ、ここからの立て直しは簡単やないと思うな」とつづった。

  • このコラムがみなさまの重賞攻略のお役に立てば幸いです。

精神的にはすこぶる良好なよう。

  • レース後には平地調教再審査を科せられていた。

  • 出走馬11頭を集めて行われたこのレースは、今年のクラシックの前哨戦としてはもちろん、別の意味でもファンや関係者の耳目を集めていた。

それを装着してダートコース、ウッドチップコース、坂路コースと場所を変えながら、1頭で走らせたり、集団で走らせたり、角馬場と呼ばれる小さな運動馬場で8の字に周回運動させるなどし、1月20日、平地調教再審査に合格。

  • デビュー2戦目かつ初の関東遠征とかなりハードルの高い一戦だったが、中団から長くいい脚を繰り出し素質馬が揃ったレースで2着に入った。

  • 隣枠のワールドリバイバルがハナを切る構えを見せると、三浦騎手は先行集団で控える競馬を選択。

先行2頭を追走し、楽な手応えのままで仕掛けをワンテンポ遅らせる余裕さえ。

  • 複数馬の進路を狭くしたとして、20日、21日の騎乗停止処分が下された。

  • そのまま抜群の手応えで4コーナーを回り、圧勝するかもしれないと思われたところで外埒まで逸走。

レース後、「この馬でクラシックに行きたいと思っていた」と話した鞍上の北村友一騎手にとっても会心の騎乗。

  • 今日はとにかく無事にゴールできて良かったです」と勝ち負けよりもトラブルなく回ってくることを重視していた三浦騎手。

  • ただ、ここからの立て直しは簡単やないと思うな」と自身の見解をコメント。




2021 gma.missjennyspickles.com