子午線 の 祀り - 子午線の祀り《響き渡る鎮魂歌》

の 祀り 子午線 子午線の祀り《響き渡る鎮魂歌》

『子午線の祀り』(2021)公演パンフレット

の 祀り 子午線 子午線の祀り《響き渡る鎮魂歌》

の 祀り 子午線 「子午線の祀り」の観てきた!クチコミ一覧

の 祀り 子午線 子午線の祀り

の 祀り 子午線 子午線の祀り

『子午線の祀り』(2021)公演パンフレット

の 祀り 子午線 子午線の祀り《響き渡る鎮魂歌》

『子午線の祀り』(2021)公演パンフレット

の 祀り 子午線 子午線の祀り

『子午線の祀り』佐藤輝 出演記録

の 祀り 子午線 語り物演劇の系譜~「子午線の祀り」初演

の 祀り 子午線 子午線の祀り

の 祀り 子午線 「子午線の祀り」神奈川公演感想(追記): かのこの劇場メモ~半券の余白

戦後演劇史の金字塔『子午線の祀り』が、野村萬斎の新演出で力強く再生

知盛の敵役である九郎判官義経(くろうはんがんよしつね=源義経/成河)の名前についても興味深い。

  • そんなこんなで無事にチケットを入手する事ができた上に、一階の十列目という良席に喜んだ。

  • 知盛:「やめろ民部、矢番(やつがえ)するな。

だから宇野重吉演出が悪かったということでは決してありません。

  • 2021年版の『子午線の祀り』は日々進化・進歩していくような作品だと思います。

  • 台詞を際立たせるためには、そうでない(台詞以外の)部分にも力を入れて・そこから台詞を持ち上げるようにしないと、結局、台詞が際立って来ないのです。

二拍子のリズムは、日本の音楽や演劇のいろんな場面に随所に現れるものです。

  • つまり日本演劇の流れは、精神的に、新劇から途切れているのです。

  • 一方、新劇は理念的に旧劇(歌舞伎)の否定から発しているわけですから、新劇以後の日本の演劇は、恐らく語り物演劇の系譜なんてことを意識することがほとんどないと思います。

2021年、『子午線の祀り』がまた新たな幕を開ける。

  • 「平家物語」を諸国に語り歩いた中世の琵琶法師もまた一人語りでした。

また、知盛以上に敵方である源義経についての場面も多く、それぞれの側からこの戦いの攻防が描かれていく。

  • その時の先生の優しい表情を思い出します。

  • 例えば能の謡いはゆっくりした二拍子、狂言のしゃべりは軽やかな二拍子、元禄歌舞伎の荒事の台詞は気忙しい二拍子、そして大正期の二代目左団次の新歌舞伎のリズムは急き立てる二拍子、勃興期の新劇の翻訳劇は畳み掛ける早口の二拍子でした。

シンプルでありながら場面によって姿を変える美術も印象的であった。

  • 」と声が掛かって大受けになったこと。

  • やがて後白河院から、知盛の弟であり源氏の人質になっている平重衡の身柄と引き換えに三種の神器を渡せという、非情な院宣が下り、知盛は戦いの続行を覚悟する。




2021 gma.missjennyspickles.com