ショッピくん受け - 我々だ 小説 ショッピ いじめ 54

ショッピくん受け shpくん。

◯◯の主役は我々だ!!

ショッピくん受け 受け 漫画

薄紫の女王様は愛される〔 shp〕

ショッピくん受け 外資系総受け

ショッピくん受け 薄紫の女王様は愛される〔 shp〕

ショッピくん受け ◯◯の主役は我々だ!!

ショッピくん受け 我々だ 小説

ショッピくん受け 受け 漫画

ショッピくん受け 薄紫の女王様は愛される〔 shp〕

ショッピくん受け 薄紫の女王様は愛される〔 shp〕

我々だ 小説 ショッピ いじめ 54

ショッピくん受け 受け 漫画

我々だ 小説 ショッピ いじめ 54

どんな高難易度の任務もこなしてくれると安心して任せられるのも、ゾムさんだからこそやで」 ゆったりと優しく撫でてやると、気持ち良さそうでいて、何とも嬉しそうな蕩(とろ)けた顔を見せた。

  • メンバーにも馴染んでくれたし安心している。

  • 言葉に出てしもうた…… どうにかしてごまかさんと……と思っていた矢先、 「不意打ちって……そりゃないですわ……」 と、ショッピくんが聞こえるか聞こえないかの ような声で呟いた。

「もうすぐ年越しやな」 「…はい」 俺はショッピくんの態度に違和感を覚え、 「何や?何緊張してるん」 「緊張……じゃないですよ」 ショッピくんは具をよそりながら、 「二人で年を越せるのが嬉しいな、と」 目を反らしながら言った。

  • 想像するわけないやんか…… 「……返事は?」 いやぁ、これは、ショッピ君はずるい…… 「俺も、好きやで……前からずっと」 そう答えると、互いの顔が赤くなるのが分かった。

  • そして、自分もそれに乗っかり「そうっすねぇ。

この小説をお気に入り追加 しおり 登録すれば後で更新された順に見れます 49 人がお気に入り この作者の作品を全表示 | お気に入り作者に追加 | 感想を見る. コネシマさんと2人で、「先輩後輩組」というコンビ名で呼ばれています。

  • syp「…グルッペンさん、資料沢山ありますけど大丈夫ですか?俺手伝いますよ?」 gr「気が利くな。

  • 入間くん」と我々だのメンバーがコラボし、「魔界の主役は我々だ! 帰らんの?」 「……まだ、大晦日じゃないじゃないですか」 ショッピくんは下を向いてボソッと言った。

外資系の顔が赤かったから、緊張していると思ってな」 gr「あとお前、俺のこと好きだろ」 syp「ふぇっ! , ショッピさんはゾムさんに匹敵するほどに、実力があると言われているのです。

  • 」 俺は差し出された手をそっと握り、グルッペンさんについて行った。

  • 夏場はよほどのことがないかぎり、車で移動をするそうです。

しれないです。

  • そんな視線にもゾムは一切動じる事なく、ひたすらエーミールとショッピを見ている。

  • だからそんなに緊張しなくても大丈夫だ。

ご本人様、他の方に迷惑をかける行為はしないでください。

  • 視聴者からの評価も高く、ゾムさんに次ぐ脅威だと言われています。

  • syp「んっ! 俺のことを?ショッピくんが? 前からショッピ君は気になっていた。

すると、グルッペンさんが立ち上がり、俺に近づいて来る。

  • 自分の後輩として迎え、早10ヶ月。

  • その様子は、あたかも僕も撫でてと言うように、彼等の瞳には映った。




2021 gma.missjennyspickles.com